臨床心理士の資格を取得するには

心理カウンセラーの資格を取ろうと思いますが・・・

臨床心理士の資格を取得するには

心理カウンセラーと、臨床心理士の資格は別物、と考えていたほうが良さそうです。社会的に広く認知されている臨床心理士は、学校などの教育機関や心療内科、小児科、精神科などの医療機関や行政機関、司法機関、民間企業など広く活躍する場がありますが、各スクールなどが認定している心理カウンセラーは、持っているに越した事はない程度で、広い世界で評価されるには限界があります。

 

それもそのはずで、臨床心理士の場合は、少なくても大学院まですすみ、心理学の修士号まで取得し、その上で臨床心理士資格審査まで一次、二次試験に同一年度に合格するという必須条件があります。これはかなり厳しい制度であり、民間資格といっても、国家資格なみの条件と試験が課されます。

 

最近心理学ブームだから、一つの教養として学ぼうという姿勢では、とてもこの臨床心理士という難関をパスすることはできません。また大学院まで通う必要もあるので、金銭的にも期間的にもある程度の負担と覚悟が必要になります。

 

臨床心理士としての適性のほかに、こうしたしっかりした基礎学力、そして応用力をみにつけて初めて、臨床の現場に立つ事ができます。ただし、心理カウンセラーとして本当に大切なことは、現場で学ぶことが多いのでしょう。資格だけではなく、謙虚になり、現場から多くのことを吸収しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ