心理カウンセラーの心構え

心理カウンセラーの資格を取ろうと思いますが・・・

心理カウンセラーの心構え

心理カウンセラー、臨床心理士は、軽い気持ちでできる仕事ではありません。医師が体の病気を治療するものであるのならば、臨床心理士は心の病気を治すものです。そしてそれには正しい治療法もメソッドもなく、最終的にクライエントが自分で答えを見つけるまでに、根気強くつき合う、話を聞くことが仕事です。

 

ただし、心と言う目に見えない物の為、そして感情の起伏が激しく社会生活を送るのに支障を来している人、また精神的なことから調子を崩し、気分が悪く調子の悪い人、また、本当に精神的にバランスを崩していて、精神科医のほうに任せるしかない人など、色々な患者さん、クライエントが来るのでそのあたりの見極めや、自分で手に負える相手であるかどうかを知らないと、あなたまで私生活に影響がでたり、感情的に巻き込まれたりします。

 

また、精神や心のバランスを崩していたりするときは、人に依存しやすくなったり、社会的常識よりも感情が先走ったりするために、仕事以上の親密さを期待されたり、時間の際限なく電話がかかる、メールが送られてくるなどのシチュエーションに陥ることがあります。人の心の問題に向き合うことは、むしろ身体的な病気を治すことよりもずっと難しいことなのだということを知って下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ